株式会社吉運堂
代表取締役社長

吉田竹史Takeshi Yoshida

吉運堂は人柄採用です。

吉運堂と新卒採用の歴史

当社は新卒採用を積極的に行っており、今でこそ大学生も多いのですが、20年~30年前は高校生や専門学校生が中心でした。 業界的にも珍しいとされている大卒の新卒をなぜ積極的に採用するかといいますと、今いる社員が育つからなんです。
当社の場合、仏壇仏具という特殊な商品を扱うため、頭の中で専門知識を覚えるのも大切ですが、いかに身に着けるかが大事になってきます。 お客様と接し日々学んだことを後輩に教える、人に教えることで自分の実になり、より深く学ぶことができるんです。
180名の社員のうち、新卒入社の方は約20%います。新卒で入って現在部長として活躍している女性の方もいますよ。

人柄採用とは

当社の仕事は、お客様のお気持ちを汲んで接することがあらゆる面で大切になるため、能力よりもハートが大切な仕事です。
お客様と接していると自然とこちらの気持ちが伝わるので、お客様の悲しみ、人に寄り添える方がお客様からも選ばれます。
「あなたから」仏具やお仏壇を買いたいとおっしゃるお客様も多く、吉運堂という会社名ではなく、最終的にはお客様と向き合っている個人が、お客様の気持ちを動かす面もあります。
そのため当社の採用は、学歴や能力は関係ありません。
人の気持ちの寄り添うことさえできれば、いつも元気な人でも、普段は物静かな人でも、どんな人でもご活躍いただける環境があります。

今後のビジョンと活躍できるフィールド

今後は「お墓」という核となる商品を中心に、霊園の経営や永代供養墓や樹木葬の提案などを行っていきたいと考えています。
また、時代の変化とともにお客さんが求めているものは変わっています。伝統的なお仏壇を好む方もいれば、カジュアルなものを好まれる方もいらっしゃいます。 もちろん伝統的な仏壇も残していかなければなりませんが、そういったニーズの変化に敏感になり、私たちも一緒に新しいものを提案しなければならないと感じています。
私たちは、仏壇仏具を介してお寺様、お客さまとの間にいますが、お客様への提案だけでなく、お寺様への提案もできるようにならなければと思っています。

ENTRY

吉運堂へのエントリーはこちら